このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
東京事務所 ☎︎03-3450-1043 大阪事務所 06-7163-9332
【営業時間】10:00〜17:30

一般社団法人(非営利型)
地方創生キューピット

スポーツ・文化・教育を通して
活力ある地方創生の実現を目指す

観光振興、スポーツ増進、
高齢化対策、移住定住推進、
雇用促進、すべてご相談ください


全国ご当地マラソン協議会 
運営組織

組織理念

Corporate philosophy
スポーツ、文化を通じて活力ある地域創生を実現する
コロナ禍で傷んだ地域経済を復興し、観光事業、市民スポーツ振興、高齢化対策、定住移住の増進、雇用創生など地方行政が抱える様々な課題を地域スポーツ、文化教育活動を通じて、新しい時代の地域社会の在り方を提案します。また優秀な女性人材をプロジェクトに登用。女性の本格的な社会進出の実現とともに、地方創生のキューピット役としてSDG's、ジェンダー、男女平等など複雑な現代社会を女性目線で地域の課題に切り込みます。

事業内容

Business content
観光促進、地域PR、スポーツ振興、文化・教育活動に抜群の実績があります。
「テーマ別観光による地方誘客事業」で観光庁に認定された「全国ご当地マラソン協議会」の企画運営や「全国マラソンサミット」の開催、また地域社会で五輪アスリート、著名文化人によるスポーツイベントやトークショー、講演会の実施。また有名インフルエンサーやミス・ユニバースなどを使ったPR動画制作による地域情報の全国配信や東京タワーでの地域PRイベントの開催など、経済活性、観光促進、地域教育、高齢化対策、雇用創生を柱に地方の課題解決に向けて様々な企画を実施、提案します。
全国ご当地マラソン協議会の運営
全国の各自治体が主催するマラソン大会を支援することを目的に2017年設立。競技運営、大会PRなどを情報共有した日本初のマラソン大会事務局によるネットワーク組織。全国のマラソン大会関係者を一堂に集めた「マラソンサミットinジャパン」™️の開催や、協議会主催で有名アスリートや箱根駅伝出場の大学監督によるトークショー開催など企画力や人脈に特化。地域のマラソン大会を観光資源とスポーツ推進の重要コンテンツとして様々な情報提供、企画をアドバイスしています。(写真・マラソンサミットIN ジャパンから)
スポーツ、文化をテーマにした
地域活性、教育事業のイベント開催
スポーツ、文化をテーマに各スポーツ競技の向上や教育醸成を対象にしたイベントを提案します。また、地域のスポーツ事情に合わせて学童育成、高齢者の健康対策も視野に入れて企画、イベントを行います。開催するスポーツ、文化事業を通じて地域住民に認知、理解させることにより、学童、青少年、高齢者までスポーツを楽しむモチベーションを提案をいたします。地域のスポーツ向上は高齢者の健康維持、ひいては医療対策にも貢献します。(写真・静岡県島田市で開催された五輪選手による卓球教室)
有名インフルエンサーたちによる
地域観光PRのSNS配信
100万人近い大量のフォロワーを持つ有名インフルエンサーが地域PRに貢献します。当法人の人脈により有名インフルエンサーたちが今の時代にマッチしたPR手段で地域の観光推進を提案します。彼らのフールドであるYouTubeやTikTokなどのSNSと連動して地域の観光名所や特産品、グルメ情報を動画で紹介。企画から制作、全国配信まで引き受けます。今や企業、芸能人からもオファーを受ける彼らの発信力が地域観光を盛り立てます。(写真・ただのヲタク、わいざむらい、上司のあさみの各インフルエンサー)
ミス・ユニバーシティらご当地ミスによる観光案内、動画PR、HPの制作
ミス・ユニバース、ミス・グランド、ミス・ユニバーシティの3つの世界的ミスコンテストの地方代表選考会を主宰するベスト・オブ・ミス事務局と当法人が業務提携。彼女らが水先案内人となって地域の観光PRのお手伝いをいたします。各県代表の「ご当地ミス」が地元の観光案内、動画、HPなどで景勝地、グルメ、宿泊などの情報発信をいたします。また地元の公式式典やイベントなどでゲストもしくはアシスタント、一日署長などのお仕事も請け負います。(写真・長崎県波佐見町にてミス・ユニバーシティ日本代表の観光ロケ)
都内有数の名所・東京タワーで
地域観光PRのイベント開催
当法人と業務提携する東京タワーで地元の観光PRやグルメ・宿泊・名産品の紹介、さらに移住推進まで様々なイベントが開催できます。タワー内の屋内ホールや駐車場、さらに展望台のイベントスペースなど様々なエリアでのプロモーションが可能です。通常時は年間200万人以上が展望台に上がり、海外にも抜群の知名度で外国人も多数来場します。誰もが知る東京タワーでの地域推進イベントは、企画段階から内部賛同を得られやすく、また絶大なPR効果が得られるため、地方のPR手段として高い人気を誇っています。(写真・大分県による大分地獄蒸し祭りイベント)
ローカル鉄道を活用した
高校生による地方創生イベント
2012年から毎年8月に開催される「全国高校生地方鉄道交流会」を当法人が業務提携。全国の高校生が地方の鉄道を基軸に地域を活性化するアイディアを提案し、地域住民との交流を深めることを目的としたイベント。貴重な地域のライフラインであるローカル鉄道を再発見するとともに教育を通して地域PRを全国に発信します。過去に秋田内陸縦貫鉄道(秋田)、いすみ鉄道(千葉)、一畑鉄道(島根)、三陸鉄道(岩手)、のと鉄道(石川)、鹿島臨海鉄道(茨城)など全国で開催。(写真・一畑鉄道の車両とイベントに参加した高校生たち)
全日本応援協会による
地方へ応援部隊の派遣、講演会開催
「応援の力で日本を元気に」を信条に約12年間、早朝の新橋、池袋、横浜などでサラリーマンや学生を応援し続けてきた全日本応援協会のチアリーダーたちが、地方に出向いて地元のイベント、式典などを盛り上げます。任意によるこの活動は今まで数多くのTV、新聞などに取り上げられ、「応援学」によるスパイラル効果は、現代の複雑な子供教育、職場社会に通じるものがあります。当法人ではこの活動に共感し、ともに応援によって豊かで元気な地域社会を形成するお手伝いをします。(写真・応援を通じて様々な社会活動を行うメンバーたち)
地方企業の新規採用、Iターン対策など
雇用促進セミナーの開催
地方が抱える雇用問題をIターン、移住、定住に紐付けて、魅力ある地域社会と働きやすい雇用環境を提案いたします。当社団指定の経験豊富な人材活用コンサルタントが地元の商工会議所や青年会議所、経営者、人事担当者らを対象にシンポジウムやセミナーを開催します。地方ならではの職場環境の構築や優秀な人材確保のノウハウなど、その地域に即した環境を分析して講義します。コロナ禍によるテレワーク推進で増加した地方移住など生活様式の変化にも対応するようアドバイスします。(写真・職場環境セミナーを行う当法人指定のコンサルタント)
社会貢献をテーマにした
OEM商品の共同開発、販売
「地域社会に還元する」を信条に、社会貢献に寄与する商品の開発や研究を専門機関や組織と共同販売。そのコンセプトに適合する商品を当法人がOEM、もしくは扱い窓口として地方行政、企業に提供します。直近はコロナの感染予防対策として高い数値目標をクリアした無臭消臭消毒スプレーを新開発したメーカーと提携。地方のイベント会場やバックヤードで採用されたほか、航空会社やバス会社などの公共機関、全国チェーンのスポーツクラブなど当法人を通じて地方イベント、交通機関、行政職場に数多く導入されています。(写真・地方の大規模イベント、コンサートで採用された当法人提携の除菌、ウイルス除去剤)
観光振興、スポーツ促進、移住推進など
各省庁、totoの助成申請の代行
地方の観光促進、スポーツ増進、移住振興、高齢化対策など地方経済活性化のため、事業推進に向けて助成事業を行う中央各省庁や各種団体の助成金申請の手続きを、当法人が地方自治体や団体、地方企業に代わって代行申請いたします。また、申請する事業の企画段階から参画、ご要望に応じて事業の準備、手配から実施まで一貫して請け負います。通常業務に忙殺される組織の一助に、経験豊富な当法人が地域の課題解決、事業推進を実現します。(写真・当法人が申請、認可された観光庁「テーマ別地方誘客事業」の概要案内)
経験豊富なスタッフによる
地方での無償講演、授業(特別企画)
新聞社で地方の観光事業、スポーツイベント、学校授業などに多数関わった経験豊富な当法人スタッフを、地域のシンポジウムや講演会に無償で派遣いたします(交通費のみ別途)。スポーツを通じて地域社会の在り方から、マラソン大会など観光を含め地域と共生した大規模スポーツイベントの意義、また出身母体の新聞社業務から興味深い業界の話などご要望に応じて対応いたします。商工会、観光協会主催のシンポジウムのパネラーから市民、行政職員対象の講演、地元の小中学校の出前授業などご相談ください。(写真・日本薬科大で当理事によるスポーツ事業についての講演)
有名インフルエンサーたちによる
地域観光PRのSNS配信
100万人近い大量のフォロワーを持つ有名インフルエンサーが地域PRに貢献します。当法人の人脈により有名インフルエンサーたちが今の時代にマッチしたPR手段で地域の観光推進を提案します。彼らのフールドであるYouTubeやTikTokなどのSNSと連動して地域の観光名所や特産品、グルメ情報を動画で紹介。企画から制作、全国配信まで引き受けます。今や企業、芸能人からもオファーを受ける彼らの発信力が地域観光を盛り立てます。(写真・ただのヲタク、わいざむらい、上司のあさみの各インフルエンサー)

提携、協力する
女性キューピットたち

Corporete Cupid
(株)おおわだぐみ
代表取締役 大和田るみ 
東京都港区に本社を置く老舗イベント運営会社。都内23区内を中心に数々の行政イベントを実施した経験を持つ。高校生による「全国高校生地方鉄道交流会」の企画運営や、自身の出身地・北海道に特化した人脈を活かした事業が得意。
(株)オトコネイル
代表取締役 坂下隆子
全国にネイル専門店7店舗を展開する女性実業家。店舗は男性専門店だが、社会貢献として地方の子育て世代、シニアの女性を対象に地方創生事業に参画。今後は男性のみならず、地域で頑張っている子育て世代とまだまだ元気なシニアの女性たちに、ネイルを通していつまでも若々しい生き方、輝きを再提案する運動を行う。
(株)BLANC AMOUR
代表取締役 原 朝未 
人材派遣会社を経て24歳で起業。2020年、SNSインフルエンサーをコンテンツにしたデジタルとアナログを融合させた会社を設立した。尼崎高では器械体操で全国インターハイ3位、2018年には関西コレクションにモデルとして出演。現在、自身のTik Tok「上司と部下」では約25万人のフォロワーを持ち、自らの発信力を使って地域貢献事業に臨む。関学大卒。
(株)イデアル
代表取締役 須賀あゆ美 
求人広告会社、IT企業の人事採用担当を経て2017年、人材採用コンサルティング会社を設立。「採用のその先を考える」をモットーに、クライアント企業には求人計画から新卒・中途採用の適切なアドバイス、また採用後の社員研修、社員教育のコンサルタントまで幅広く行っている。近年は地域が抱える労働事情や諸問題にも取り組み、雇用創生による移住、定住対策にも積極的に参画。
HaNa(株)
CEO  合田 瞳 
愛媛県在住。新居浜高専在学時の17歳でソフトウエア開発会社を起業。今、注目を集めるZ世代の女性若手ベンチャー。「従来の社会システムの根底を変える未来を」をモットーに、地方から世界を目指す。生まれ育った地元・四国を愛し、四国の財界、自治体に精通しており、今後はソフトウエア開発とともに、その技術、人脈を活かして地域貢献を目指す。
一般社団法人 全日本応援協会 
代表理事 朝妻久実 
北海道旭川市出身。山陰中央テレビのアナウンサーを経て現在、フリーで活躍。大学在学時から続けるチアリーディングを活かし、関連番組を担当するほか、2009年から毎週、首都圏主要駅で勝手にサラリーマンを応援する活動を継続中。その献身的な活動はたびたびテレビ、新聞など大手マスコミに取り上げられる。近年は地方創生に注力し、地方行政、企業の要請に応援でイベント参加。応援による組織改革、子供教育など講演を行う。2014年、地元・旭川市の観光大使就任。
特別協力  (株)VISTAS
会長 松下浩二(前Tリーグチェアマン) 
92年バルセロナから04年アテネまで卓球男子シングルスで4大会連続五輪出場を果たした卓球界のレジェンド。日本人初の海外プロ契約など輝かしい実績を持ち、2018年に発足したTリーグでは初代チェアマンを務めた。現在は卓球メーカー・VICTASの会長。卓球界の圧倒的な人脈を活かし、当法人とは有名選手を招聘したイベント、講演会で数々のコラボを実現。現在も地方のスポーツ振興、地域活性をテーマに、開催する卓球教室では自らが講師として子供たちを指導する熱血漢。
(株)おおわだぐみ
代表取締役 大和田るみ 
東京都港区に本社を置く老舗イベント運営会社。都内23区内を中心に数々の行政イベントを実施した経験を持つ。高校生による「全国高校生地方鉄道交流会」の企画運営や、自身の出身地・北海道に特化した人脈を活かした事業が得意。

お知らせ


Information
2021.11.10  12月5日、大阪府高槻市で開催される「高槻マラソンシンポジウム』に当法人理事がパネリストとして登壇します。 講演会のご案内
2021.11.1 全国ご当地マラソン協議会の加盟大会が55大会となりました。 全国ご当地マラソン協議会情報
2021.11.16  全国のマラソン大会事務局対象にオンラインによる情報交換会、相談会を開始しました。 全国ご当地マラソン協議会情報
2021.11.16  全国のマラソン大会事務局対象にオンラインによる情報交換会、相談会を開始しました。 全国ご当地マラソン協議会情報

理事紹介

Recruitment
代表理事代行 辻井 洋
関西在住。イベント会社を経て現在、(株)パワーフロンティアの代表取締役。「全国ご当地マラソン協議会」の初代代表を務める。現場のイベント運営に長け、豊富な経験と緻密な計算で数々のスポーツイベントを成功に導いたイベント運営のスペシャリスト。実直な性格で周りの信頼も厚く、採算を度外視した仕事ぶりに仕事のオファーが絶えない。当面は代表理事代行と西日本地区の担当責任者を兼務して業務を行う。
理事 鶴田 浩之
福岡県北九州市出身。80年小倉高で甲子園出場。スポーツニッポン新聞社で初代スタートアップビジネス推進室長を経て21年7月、定年退職。現在は起業して(株)カルタルティアップ代表取締役社長。新聞社在職中から卓越した発想力と行動力を武器にあらゆる業界に人脈を形成、数々の新規ビジネスを成功に導いた。今回は社会貢献を主眼に置いた事業創生と当法人のアドバイザーとして内外から当法人を支える。
  Founder 古賀 浩之
スポーツニッポン新聞社で事業本部次長、スタートアップビジネス推進室長を経て現在、事業部専門委員。90年代のマラソン大会創成期から業界内で人脈を築き上げ、数々の新規マラソン大会の立ち上げに参画。マラソン業界では現役アスリートから指導者、開催自治体の首長まであらゆるパイプを持つ。また、新規事業セクションでは観光、スポーツをテーマにした地方の行政ビジネスを数多く手掛けたことを機に「地方創生キューピット」を発足。2017年に自身が創設した観光庁認定「全国ご当地マラソン協議会」の業務運営も移行し、さらなる地方創生、地域貢献を目指す。

お問い合わせフォーム

Contact
お問い合わせはお電話(TEL 080−8469−8657、担当・古賀)にてお問い合わせいただくか、下記のお問い合わせフォームにご記入いただきご連絡ください。お電話、メールによりご対応させていただきます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

一般社団法人(非営利型) 地方創生キューピット
       ≪法人番号 9010405020237≫
    
<東京事務所>〒107-0062 東京都港区南青山2−2−15 WIN青山531

<大阪事務所>〒550-0004 大阪市西区靱本2−1−4 靱テニスセンター (株)パワーフロンティア内

【mail】info@chiho-cupid.org